独身助産師の現実

出産に関する様々な手助けをしてくれる助産師。命の誕生に携わるこの仕事は、とても責任が多く、それとともにとても大きなやりがいが感じられる仕事として評価は高い。しかし、その現実はというと、緊急救急に次ぐ最も人がいない現場としてとてもハード。その上、外見的な看護師との違いも見られない事から、あまり頼りにされないという悩みをもつ助産師も少なくないといいます。

助産師は看護師免許に+αとして取れる免許なので、勉強と一定期間の経験を積めば新人でもなれる職種。その為、若い助産師よりもいかにも経験豊かそうなベテラン看護師の方が患者に頼られるケースが多いのだとか。
 
また、妊婦の中には、どうしても助産師=厳しいのイメージをもつ方が多い。というのは、やはり新しい命を宿す事への責任感を妊婦に持たす為に厳しくあたる方も少なくないからだといえるでしょう。なので、こういった理由からも助産師に出来るだけ接しないで出産まで行き着きたいという無茶な妊婦も実際は少なくないようです。 しかし、これも助産師側から言わせて貰えば妊婦のわがままでしかありません。なんせ、その身体はもう自分ひとりの身体ではないのですから。このちょっとありがた迷惑くらいの小姑のような助産師がいるからこそ、安心して安全に子供を産める環境があるのだという事を忘れては行けないのではないでしょうか?

そんな助産師は、年収が約400~800万円とかなり開いています。独身で優雅な助産師さんであれば、400万の年収では足りないかもしれません。独身助産師さんの活躍は産院にとって一番ありがたい存在です。時間を選ばない分娩に対し、緊急性があったり混み合った場合は夜勤明けでも勤務しないといけない立場。男性ドクターは一人で分娩を行ってはいけない法律があるので、助産師さんがいないと仕事になりません。いつでも、残業ができて融通が利く独身助産師さんなら、気兼ねなく無理難題をお願いしてしまいます。

もちろん、これには経験が重々関係しているのですが、それ以上に職場というのもあります。 助産師は看護師同様職場を選べるので、大学病院や公立病院で働くか、小さい個人病院や助産院で働くかによってまったくもって違いが出てくるのだといいます。 これには、妊婦検診は病院で出産は助産院でといった妊婦の選択自由が関わっていますし、出産スタイルの多様化が進んできている事も大きく関わってきているといえます。

とはいっても、どこで産もうとどんな風に産まれようと、その出産の瞬間の感動は一塩。どんなに経験を積んでいるベテランであろうと泣いてしまいそうになるといいます。 なので、とりあえずは臨床で疲れたから、看護師は給与が安いからという理由で何となく選んだ助産師も、そういったやりがいから「ここが天職!」と感じる事は少なくありません。まずは子供が好きかどうかという条件がありますが、ちょっとでも当てはまるならば挑戦してみてはいかがでしょうか?